教室を後にして、トロ臭い足取りで

教室を後にして、トロ臭い足取りで、廊下を歩きながら各クラスのプレートを見上げた。
確か、華都音と百合男はD組だったはずだ。

ちなみに、華都音と百合男というのはクロエの幼馴染みのようなものだ日本樓投資

D組の扉を開き、二人の姿を見つけクロエはうなだれながら傍に歩み寄った。

「華都音、お弁当わけて。忘れた。ていうか知らなかった」

「あぁ?」

いささか目つきが悪く、口にピアスを空けた、腰まである黒髪の年齢の割に大人っぽい彼女、古城華都音(コジョウカヅネ)は、なに言ってんだお前は。と言うようにクロエを見つめた。

「なんでいつも話を聞かねぇんだよ、お前は」

「だから知らなかったの。聞いてなかったんじゃないもの」

とにかくお弁当をよこせ。と言わんばかりにクロエは不機嫌そうに応える。

「あらぁ可哀想にねぇ。でもアタシ達もお弁当持ってきてないわよ?」

クスクスと笑いながら言ったのは、出雲百合男(イズモユリオ)。
金色に脱色した髪を肩下まで伸ばし丁寧にゆるく巻いている。
メイクは少し盛りすぎでは?と思えるほどだ。
男子生徒の制服を着ているが、所謂オネェである。

「なんですって??馬鹿なのあんた達っ!?」

「バカはてめぇだよ…。学食。中学と違って学校食堂があるだろうが」

言われてクロエはきょとんと二人の顔を交互に見た。

「ふふ、せっかくだから今日は学食に行ってみましょうっ、てことにしていたのよ♪」

なるほど。
そう言えば、昨日の校内案内でやたら広い食堂やら、学校にしてはお洒落なカフェテリアまでもあった。

「お財布持ってくる」

てとてとと自分のクラスに戻り、それから財布を片手に携えて、華都音と百合男と三人で学食に向かった。

0 kommentarer

Kommentera

E-postadressen publiceras inte. Obligatoriska fält är märkta *

*