Månadsvis arkiv: mars 2018

”(まあいいや……) 巧はそれについて考えるの”

”(まあいいや……)

巧はそれについて考えるのをやめた。

答えが出そうになかったからだ。

「……巧?」

「ふぇ?」

不意にステラに呼ばれて返事をしたら、変な声が出てしまっ 黑眼圈針

ステラはクスクスと笑いながら尋ねる。

「どうしたの?ぼーっとしてたわよ」

「……なんでもない」

目の前にあるステラの顔をじっと見る。

優しそうな顔立ち。

そしてあの微笑み。

(この人なら……信じても大丈夫)

なんとなくそう思えた。

その日は一日中、ステラと話していた。

昼頃はギルドの食堂に連れていってくれた。

皆はステラと手を繋ぐ巧を不思議そうに見る。

その視線が少し恐くて、巧がステラの背に隠れると、ステラは優しく頭を撫でて「大丈夫」と言ってくれた。

夕方も同様に食堂に連れていってくれた。

今度はステラの言葉を信じて堂々としていた。

その後――

巧は部屋に戻って来ていた。

部屋に備え付けの風呂とシャワーがあるとステラが教えてくれたため、風呂に湯を張ってゆっくり使った。

風呂を上がった巧は、ステラに言われていた通り箪笥からバスタオルを出して身体を拭き、箪笥から出した服を着た。

××××××××××××

翌日――

再びステラが巧の部屋を訪れた。

「ちょっと話しがあるのよ」

少し真面目な空気に包まれ、巧は息を飲んだ。

「……巧、強くなる気はない?」

巧は顔を強張らせた。

訓練も何もしていない今の巧でも、『化け物』と呼ばれるには十分なくらい強い。

これ以上強くなったら、ステラにまで化け物と呼ばれてしまうのではないのか。

そう考えると身体が震えてきた。

「……やだ。強くなんかなりたくない」

ステラは巧の目をしっかり見て言い聞かせた。

「巧は今のままでも十分強い。でもそれは周りと比べての話しでしょう?なら強い人達と比べたら?帝達と比べたら?……貴方は井の中の蛙でしかない」

(帝様…………?)

帝は皆の憧れ。

強き者も弱き者も、皆憧れる、強さの象徴。

帝の強さと比べれば今の巧など塵に等しいのだろう。

.”

0 kommentarer

”「どうかなさいましたか……?」 総帝が問うと”

”「どうかなさいましたか……?」

総帝が問うと炎帝が口を開いた。

「また大量発生です。場所はレルイ河河口の三角州。通称、レルイ三角州と呼ばれているところです。規模が大きく、最上級クラスの魔  cosderma  まで群れていると耳にしましたので、手伝っていただけないでしょうか?」

総帝は眉をひそめた。

最上級クラスの魔物が群れている――

サキカが総帝の座につき早数年。

こんな事態は初めてだ。

とにもかくにも早く現場に向かうべきだ。

零番隊の隊員を集めようかと考えたが、最上級クラスの魔物の中はSランクの者でも苦戦するような者ばかりだ。

零番隊にはSランク以上の優秀な者しかいないが、もしものことを考えると隊員を召集するべきか、はたまたしないべきか迷ってしまう。

だが、きっと隊長であるサキカがそのようなことを言っても、彼等は行くと即答するだろう。

隊長が行くところ、何処にでも――

皆、そういう者達なのだ。

「……わかりました。では、一番隊訓練所に集合させれば良いのですか?」

炎帝はフードの下で安堵に顔を少し緩ませ、肯定した。

「はい。お願いいたします」

即座に、総帝は零番隊の隊員達に念話をする。

『零番隊隊員に隊長“白銀の刀使い”より連絡致します。今現在、手が空いてらっしゃる方は本部の一番番隊訓練所までいらしてください。繰り返します――』

総帝は一息吐いて念話を終えた。

「すぐに一番隊訓練所に行きましょう」

総帝は炎帝とサースト副隊長に告げると、腰を上げた。

一番隊訓練所――

一番隊隊員達は既に整列をしており、零番隊隊員達も集まり始めていた。

「隊長!!」

総帝のサキカに駆け寄って来るのは、零番隊副隊長、金髪金瞳の小柄な男、ローザン・ヴァイッシェだ。

「また何かあったようですね……」

ローザンの言葉に首肯し、隊員達に聞こえぬよう小声で話し始めた。

「また大量発生です。規模が大きく最上級クラスの魔物までいるとのことで……。一番隊と零番隊で協力することになったのですよ」

「最上級クラス!?」

ローザンは目を見開いた。

.”

0 kommentarer

「では、先生。私はオーナーのお出迎えの準備をいたし

”「では、先生。私はオーナーのお出迎えの準備をいたしますので。」

「どれ、皆に知らせてくるか。」

「お願いいたします。」

菅野は、恭しく一礼すると出て行った。

日本樓投資 生は、やれやれといった様子で本を閉じて近くのテーブルに置くと、椅子から立ち上がった。

他の住人がいそうなところは、大概見当がつく。

まずは、唯一1階に部屋をもつ住人のところへ足を向けた。

ドアの前で、止まる。

「ピアノを弾いとらんといいんだが。」

呟いてから、ドアの脇のボタンを押した。

この部屋だけは、ノックではなくブザーを押さなければならない。

時と場合によっては、ノックが聞こえない場合があるし、そんなときに下手にドアを開けると大変な目に遭うことがあるという、厄介な相手。”

0 kommentarer