「では、先生。私はオーナーのお出迎えの準備をいたし

”「では、先生。私はオーナーのお出迎えの準備をいたしますので。」

「どれ、皆に知らせてくるか。」

「お願いいたします。」

菅野は、恭しく一礼すると出て行った。

日本樓投資 生は、やれやれといった様子で本を閉じて近くのテーブルに置くと、椅子から立ち上がった。

他の住人がいそうなところは、大概見当がつく。

まずは、唯一1階に部屋をもつ住人のところへ足を向けた。

ドアの前で、止まる。

「ピアノを弾いとらんといいんだが。」

呟いてから、ドアの脇のボタンを押した。

この部屋だけは、ノックではなくブザーを押さなければならない。

時と場合によっては、ノックが聞こえない場合があるし、そんなときに下手にドアを開けると大変な目に遭うことがあるという、厄介な相手。”

0 kommentarer

Kommentera

E-postadressen publiceras inte. Obligatoriska fält är märkta *

*