その予想は的中し、第三魔法訓練用部屋

その予想は的中し、第三魔法訓練用部屋の前にたどりつくと、執事は静かに扉を開けて、サキカを中へと促した。「ありがとうございます」扉を開けてもらったことに対する礼をHKUE 傳銷 げて、中をちらりと見た。視界の範囲にユリアスたちはいない。――しかし、中へ踏み入ると、透明な何かを通り抜けた感触がして、一気に轟音がサキカを襲った。音がした方――右の方を見ると、槍を手にしたレイトが壁に叩きつけられていた。その前方数m先にいるのは、同じく槍を手にした一人の青髪の男性。そしてサキカは、驚きで硬直しかけてしまった。男の名は、 ホリム・レイトナール、ギルド“月の光”二番隊副隊長“青槍”であり、無論零番隊隊長のサキカとも面識がある。しかしながら、驚いたのはそこではない。ギルド所属者を呼ぶとユリアスが言っていたため、もしかしたらかなり上位の隊員も来るかもしれないと思っていたためだ。ならば、なぜ、サキカがこれほどまでに驚いたのか。それは――青髪、青い目、そして垂れ目のホリムは、なぜ今まで気がつかなかったのかと思うほどに、レイトにそっくりだったのだ。名字も思い返せば同じなのだ。出会って三月は経つレイトと、ギルドマスターのステラに拾われて零番隊隊長になってから数年の知り合いであるホリム。これほどまでにそっくりであるのに、本当になぜ今まで気が付かなかったのだろうか。「あ、サキカ!」ゆっくりと立ち上がったレイトは、サキカからの視線でサキカの存在に気がつき、元気よく手を振ってきた。「え、えっと……昨日ぶり?」驚きを隠すのに必死で、少しだけずれた受け答えをしてしまった。.

0 kommentarer

Kommentera

E-postadressen publiceras inte. Obligatoriska fält är märkta *

*