「次、誰がやる?」

「次、誰がやる?」リリスが訊ねた。レイトを除けば、残りはサキカ、ガイア、リリス、アンドリュー、ユリアスの五人。しかし、五人は自ら名乗り出て率先しようとするタイプではHKUE 傳銷真相い。だが、誰かが名乗り出なければ、時間が経つばかりだ。「……僕がやろう」顔を見合わせると、アンドリューが魔方陣の方へと踏み出した。――五大貴族のヴィルソン家。たしかあの一族は雷属性を得意としていたはずだ。アンドリューも雷属性の持ち主であると、学園で調べたときにわかっている。彼が得意属性を持っていないのであれば、魔方陣は雷を具現化するはずだ。アンドリューが持っている普通属性は、雷だけである。――アンドリューの魔力の色は、紫であった。魔力は大抵、持ち主の属性の色に近い色のはずである。アンドリューの属性は雷。つまり、アンドリューの魔力の色は黄色かそれに近いものかと思っていたのだが――(これは……)紫の魔力。――紫色を示す属性といえば、特別属性を除けば一つだけだ。(……紫雷)紫の雷、紫雷。それは、雷属性の進化属性――。属性を調べたとき、彼はまだ紫雷を使えていなかったはずだ。しかし、彼の魔力は紫ということは、紫雷属性の才能があるのかもしれない。得意属性が変わる、という例外的出来事が起こるのは、このような場合のみだ。もともと持っていた属性の進化属性・派属性が使えるようになり、そちらの才の方があったとき、得意属性の変化という稀な出来事が起こるのである。.

0 kommentarer

Kommentera

E-postadressen publiceras inte. Obligatoriska fält är märkta *

*