「それこそ、強者の同志が多数おり、皆でお家再興の悲

「それこそ、強者の同志が多数おり、皆でお家再興の悲願に心を一つにしておった。しかし、現実は、そうは甘くはなくてのぅ。六角家に利用され浅井との戦いに狩り出されたり、落ち武者狩りに襲われたり、この場所のHKUE DSE保の為にもこの土地の山賊と戦い…そうした中で一人、また一人と同志は減っていった。」隆行では想像も出来ない過酷な日々だったのであろう。重盛は、そこで一旦切り、しばしの沈黙の後に話を再開した。「その倒れた同志の一人一人が、我が子を頼むとワシに託して冥土へ旅立ったんじゃ。もはや、お家の再興は無理じゃと思うが、預かった大切な子らを然るべき家に仕官させるまでは、死んでも死にきれん!」重盛が込み上げる物を堪えながら話を続ける。「しかし、皆、ここを離れたくないと申して、山を降りんのじゃ。せめて、この生活を守るためにはと、しょうがなく戦力になりそうな風体の悪い者共を加えたが、このままではワシが亡くなった時、預かった子らは、奴等の使い走りに使われるだけじゃ。ヌシはまだ若いが、分別があるようじゃ。武勇も申し分ない。その上、先の事を知っておるようで、ヌシほど有望な若者に会うのは初めてじゃ。子らも、ヌシの武者ぶりには感得するところがあったようじゃ。もはや頼る者もいない、哀れな男の後生じゃと思って、頼む。この通りじゃ!」重盛は再び隆行に向かって深く深く頭を下げた。「いや、重盛殿。話をうかがい、どうにかしたいとは思いますが、某も未だ流浪の身。これでは、食わしていく事もままなりません。」その時、廊下から、新吉の声がした。「…あ…あの、食後の茶をお持ちしました。」部屋内の雰囲気から、声が掛けられなかったのであろう。その声に、重盛は、頭を上げ、「入ってまいれ。」と、新吉の入室を促した。「この新吉が、最後に託された子じゃ。この子の父はワシの義兄弟だったんじゃが、名を島清興と言ってな。それは立派な男だったんじゃが、七年前に山賊の矢に当たり幼子をワシに託して先に逝ってしまったんじゃ。」その言葉に隆行がピクリと反応した。

0 kommentarer

いつのまにか、日が中天に昇っている。清洲城

いつのまにか、日が中天に昇っている。清洲城では、隼人が、進捗の早い組から炊き出しを食い、直ぐに作業を再開するように、と指示に追われていた。この隼人からすれば、今の状況は、気が気ではなHKUE 傳銷。薄氷の上に建てた塔のようなものである。作業している者に、こちらが餓鬼共のみと知れれば、黙ってはいないだろう。生き残った侍大将や組頭が兵をまとめだしたら、反攻は十分ありえる。そうでなくとも、さすが命掛けの普請だけあり、進捗が凄まじく早い為、一日で、粗いながらもキリがついてしまいそうである。この普請が終わり、秩序を取り戻した時に援軍が来てなければ、城兵は餓鬼共に騙されていたという精神的汚点を払拭しようと、隼人達を殺すか捕らえるかするであろう。そうしたら、隼人達も命を守るために反攻し、今、城内に入っている町民を巻き込んで悲惨な戦闘となる。町民を巻き込んだ時点で、今後、清洲は治め難い土地となるであろう。隼人は、ここまでは考えていないが、少しでも長く普請に集中させ、竹千代を始めとした仲間達の命を長らえようとしている。表面には、一切そのような素振りは見せないが、内心は、祈るような思いで援軍を待っていた。

0 kommentarer

サキカは男だ。可愛いと言われた

サキカは男だ。可愛いと言われたところで、全く嬉しくない。 額に手をあてて、溜め息を吐き出す。「隊長……? 大丈夫ですか? もしかしてまだ体調がすぐれないのではHKUE DSE…」 こちらに近付いてきていた副隊長のローザンが、心配げな視線を向けてきた。「いえ、そうではなく……。僕は男ですと──……あ」 気がつけば自らのことを『僕』と言っていた。幼い頃、ガイアに指摘されてから『俺』と言っていたのだが、ぼろが出てしまった。「そちらが素ですか」 どことなく嬉しそうな笑みを浮かべたローザンに、サキカは目をそらした。なぜ嬉しげなのかは不明である。「……俺は男です」 意固地になって『俺』という一人称で通そうとするが、無論、すでに遅い。「『僕』でもいいと思いますよ。『俺』よりも似合っていますし」 それはサキカが幼いということなのか、はたまた男らしくないということなのか、それとも性格がら『僕』の方が似合うという意味なのか。「……とにかく、俺の一人称は『俺』です」 僅かに眉根を寄せれば、ローザンは小さく声を上げて笑った。 ──静を訓練場の隅に担いで連れていき、茣蓙を“ボックス”から取り出してそのうえに寝かせる。「さて、訓練をしましょうか」 刀を喚び出して振り返れば、隊員たちは皆一様に、なぜか顔をひきつらせたのだった。.

0 kommentarer

××××××××××××××××

×××××××××××××××× ──襲いかかってくる魔物を刀で薙ぎ払いながら、サキカは声を張り上げた。「雷帝、風帝、地帝!」 サキカたちの香港植髮の前に立つ、女性型の黒い人。長い金髪を指に巻き付けて遊んでいるそれが四天王と呼ばれし魔人の一人だということは、奴から溢れでる濃厚な魔力から安易に推察できてしまった。 長い階段を登った先で待ち受けていたそれは、幾人もの魔人とこの飾り気のないだだっ広い部屋に入りきるギリギリの数の魔物を従えて、部屋の奥の数段高くなった場所に豪華な椅子に座り、気味の悪い笑みを浮かべていた。「よくきたわねぇ、魔王城へ」 その顔立ちは、見事なまでに整っていた。これで笑顔に気味の悪さがなければ、さぞ妖艶な美女だっただろう。 くふっ、と八重歯を覗かせながら嗤う黒い人型。「貴方が総帝様かしらねぇ?」 血のように赤い瞳が、こちらを見据えていた。すっと、その目が細められる。「えぇ、総帝の“白銀の刀使い”です」 動揺することもせず、堂々と答えて見せれば、黒い人型は笑みを愉しげなものへ変化させた。「フードの下は相当良い男なのかしらね? ああ、でも──」 今度は何を言うつもりか。総帝は何を言われても動揺せぬようにと、マントの下で無意識に身構えた。.

0 kommentarer

  沈黙が部屋を包み込んだ。

沈黙が部屋を包み込んだ。「さて、先ほどのアークのご質問にお答えしましょう」 アークは魔力色変を戻す魔法などあるのかとサキカに問いた。──その答えは、肯であHKUE 傳銷否でもある。「魔力色変を戻す魔法は存在しません」「ならなんで──」「──ですが」 その疑問を口にしようとしたアークを遮る。一息吐き出して、サキカは再び口を開いた。「結果的に魔力色変が元に戻る可能性のある魔法ならば、存在しています。“魔牢獄の鎖”は、その魔法の一つです」 ただし、絶対に魔力色変が元に戻るとは限らない。魔力色変というのは、ある一定以上の魔力量によって起こる現象であり、その量の個人差はとても大きいのだ。 それに付け加え、髪色と目色が同じ魔力量で変色するとは限らない。たとえば、サキカの髪色は魔力量を十分の一にまで封じた状態でも銀のままであるが、瞳の色は元の蒼へと戻るのである。 魔力色変が起こっていない者は、魔力色変が起こる魔力量以下の魔力量しか有していないか、もしくは元の色と似ていて魔力色変が起こったことを自覚していないかのどちらかだ。 また、魔力量が多いほど魔力色変が起こりやすいとされているのも、これが原因である。.

0 kommentarer

 「おはよう、ユリ」笑

「おはよう、ユリ」笑顔を返せば、ユリアスも微笑んだ。──火をおこし、簡単なスープを作り、パンと共に食す。これでパンは食べきることになる。もし昼食をとるなHKUE 傳銷ば、魔物の肉か魚が中心になるだろう。さっさと食べ終え、手早く片付けて、サキカとユリアスは歩き出した。三日目の今日でゴールにたどり着くはずだ。先頭付近にいるサキカたちは、比較的早くたどり着けるはずである。今からは速さを競う戦いになる。しばらく歩いてから、サキカはユリアスを背負った。そして昨日のように木から木へと飛び渡り、森を駆けていく。途中見かけた生徒は、走る速さに慣れ始めたユリアスが魔武器の双銃で撃ち、倒していく。一度、撃たれたら一撃で急死ぬだろう急所にユリアスが当ててしまったのが見えたが、どうやら当たる寸前でペンダントの結界が発動したらしい。胸を撫で下ろして先を急ぐ。途中、リリスの魔力を見つけたためそちらへ向かうと、彼女は何と半獣化をしていた。完全に猫のそれになった足をブーツと靴下を脱いでさらけ出し、マントも着ていない彼女は、四足歩行で走っていたのだ。予選が始まる前までは、彼女は部分獣化もできなかったはずである。「リリス!」「リリスちゃん!」木の上から声をかけると、彼女はこちらに気がついていたらしく前を向いたまま「どうかしたのかい?」と訊ねてきた。「半獣化おめでとう!」「ん」こちらをちらりと見て、リリスは笑った。 その口から鋭い犬歯が覗いている。翡翠の瞳の瞳孔が猫のように細長くなっているのが見えた。.

0 kommentarer

 それに付け加え、サキカは今から運動す

それに付け加え、サキカは今から運動するのだ。すぐに身体が温まって寒さなど全く感じなくなるだろう。サキカは軽く伸びをすると、昨日の広場に向かって駆け出した。HKUE 傳銷真假西の国三日目、西の国に宿泊する最終日。言い換えれば、三国修学旅行六日目で、すでに折り返し地点に達している。今日はサキカが楽しみにしていた、魔導機職人と会うことができる日だ。朝食を宿でとり、自動車に乗せられて向かった先は、ある魔導機職人が働く工房だ。まず、到着して一番初めに驚いたことは、扉が自動で開いたことであった。建物自体が奇抜なデザインをしていることは、見慣れてしまい驚きに値しなかった。サキカは、自動ドアを見たことがないわけではない。しかし、まさか自動ドアだとは思わなかった。そもそも、自動ドアは貴族御用達の店等で貴族が自分の手を使わずに開けれるようにと開発されたもので、だが貴族の邸宅では使われなかった技術である。それは、扉は人に開けさせてこそその偉さがわかると抜かした貴族がいたからだ。それ故に、貴族御用達の店では貴族への配慮の一つとして使用しているが、貴族は周りの目を気にして家の扉を自動で開閉させようとはしなかったのだ。つまりは、貴族のために作られた技術が、なぜ貴族とは無縁そうな工房で使われているのか、ということである。レイトや有舞たちはそのようなことは考えもせず、単純に自動ドアに感嘆の声を上げていたのだった。「暖かい……」寒い外から工房へ入った途端、暖かい空気が皆を包み込み、隣でユリアスが呟いた。工房の中は乱雑していた。魔方陣に関する本が床に積み上げられて山と化しており、所々埃を被っている。机の上には何かの魔方陣の資料らしきものが束になって放置されていて、大きな一枚の羊皮紙が広げられている。描かれている魔方陣や文字を読み取ると、どうやら自動車の小型化をしようとしていたようだ。「…………来たか」工房の奥から現れたのは、口や顎にたっぷりと髭を蓄えた男。ごつごつとした豆だらけの左手の指で葉巻を挟み、その先からは煙が出ていた。歳はよくわからない。高い鷲鼻に開いているのかわからないほど細い目。体格がよく、伸びきったシャツの上からでもがっしりとした体つきをしていることがわかる。しかし、身長は低く、160cm前後だろう。.

0 kommentarer