「おはよう、ユリ」笑

「おはよう、ユリ」笑顔を返せば、ユリアスも微笑んだ。──火をおこし、簡単なスープを作り、パンと共に食す。これでパンは食べきることになる。もし昼食をとるなHKUE 傳銷ば、魔物の肉か魚が中心になるだろう。さっさと食べ終え、手早く片付けて、サキカとユリアスは歩き出した。三日目の今日でゴールにたどり着くはずだ。先頭付近にいるサキカたちは、比較的早くたどり着けるはずである。今からは速さを競う戦いになる。しばらく歩いてから、サキカはユリアスを背負った。そして昨日のように木から木へと飛び渡り、森を駆けていく。途中見かけた生徒は、走る速さに慣れ始めたユリアスが魔武器の双銃で撃ち、倒していく。一度、撃たれたら一撃で急死ぬだろう急所にユリアスが当ててしまったのが見えたが、どうやら当たる寸前でペンダントの結界が発動したらしい。胸を撫で下ろして先を急ぐ。途中、リリスの魔力を見つけたためそちらへ向かうと、彼女は何と半獣化をしていた。完全に猫のそれになった足をブーツと靴下を脱いでさらけ出し、マントも着ていない彼女は、四足歩行で走っていたのだ。予選が始まる前までは、彼女は部分獣化もできなかったはずである。「リリス!」「リリスちゃん!」木の上から声をかけると、彼女はこちらに気がついていたらしく前を向いたまま「どうかしたのかい?」と訊ねてきた。「半獣化おめでとう!」「ん」こちらをちらりと見て、リリスは笑った。 その口から鋭い犬歯が覗いている。翡翠の瞳の瞳孔が猫のように細長くなっているのが見えた。.

0 kommentarer

 それに付け加え、サキカは今から運動す

それに付け加え、サキカは今から運動するのだ。すぐに身体が温まって寒さなど全く感じなくなるだろう。サキカは軽く伸びをすると、昨日の広場に向かって駆け出した。HKUE 傳銷真假西の国三日目、西の国に宿泊する最終日。言い換えれば、三国修学旅行六日目で、すでに折り返し地点に達している。今日はサキカが楽しみにしていた、魔導機職人と会うことができる日だ。朝食を宿でとり、自動車に乗せられて向かった先は、ある魔導機職人が働く工房だ。まず、到着して一番初めに驚いたことは、扉が自動で開いたことであった。建物自体が奇抜なデザインをしていることは、見慣れてしまい驚きに値しなかった。サキカは、自動ドアを見たことがないわけではない。しかし、まさか自動ドアだとは思わなかった。そもそも、自動ドアは貴族御用達の店等で貴族が自分の手を使わずに開けれるようにと開発されたもので、だが貴族の邸宅では使われなかった技術である。それは、扉は人に開けさせてこそその偉さがわかると抜かした貴族がいたからだ。それ故に、貴族御用達の店では貴族への配慮の一つとして使用しているが、貴族は周りの目を気にして家の扉を自動で開閉させようとはしなかったのだ。つまりは、貴族のために作られた技術が、なぜ貴族とは無縁そうな工房で使われているのか、ということである。レイトや有舞たちはそのようなことは考えもせず、単純に自動ドアに感嘆の声を上げていたのだった。「暖かい……」寒い外から工房へ入った途端、暖かい空気が皆を包み込み、隣でユリアスが呟いた。工房の中は乱雑していた。魔方陣に関する本が床に積み上げられて山と化しており、所々埃を被っている。机の上には何かの魔方陣の資料らしきものが束になって放置されていて、大きな一枚の羊皮紙が広げられている。描かれている魔方陣や文字を読み取ると、どうやら自動車の小型化をしようとしていたようだ。「…………来たか」工房の奥から現れたのは、口や顎にたっぷりと髭を蓄えた男。ごつごつとした豆だらけの左手の指で葉巻を挟み、その先からは煙が出ていた。歳はよくわからない。高い鷲鼻に開いているのかわからないほど細い目。体格がよく、伸びきったシャツの上からでもがっしりとした体つきをしていることがわかる。しかし、身長は低く、160cm前後だろう。.

0 kommentarer

 ××××××××××××

××××××××××××「死ぬかと思った……」メイドたちから解放され会場へ向かう途中、ガイアが呟いたのはそのような言葉であった。南のHKUE 傳銷の王子でありながらもそのしきたりで中央の国に住むガイアが里帰りするのは、年に一度。そのためかこの城に働く者でも、一部の者しかガイアの顔を知らない。――否、知る者が多くならないように、里帰りするときは炎帝の姿で帝として王城に足を踏み入れていたのだ。それは、ガイアが王子であると知って何らかの目的で近づいたり、命を狙ったりする者がいるかもしれないからだった。だが、今、ガイアは十六。しきたりによれば十五歳を過ぎれば 自分の身は自分で守れるだろうという年齢であり、 身分を打ち明けても良いとされており、父親である南の国の国王からもその許可はおりていた。炎帝という身分は王子という身分とは異なり怨みや妬みをかうことが多く、そして自分の身よりも周りの者の身の方が狙われることが多い。なぜなら、強いとわかりきっている帝自身を狙うよりも、周りの者を人質にしたり傷つけたりした方が楽だからだ。王子という身分は、知られてもガイア本人が狙われるのだから、返り討ちにすれば良いだけの話なのだ。しかし、ガイアは面倒だからという理由のみで今まで隠し続けていたのだった。因みに、今回の旅行中も隠しとおそうと思っていたらしく、密かに父親である王と連絡を取ってその旨を伝えたらしかったが、「楽しそうだから嫌だ」と一蹴されたらしい。閑話休題。ガイアと初めて会ったメイドたちは喜び、そして自分からガイアのもとへと向かって行って衣装選びや化粧をしたそうだ。つまり、あのガイアの周りにたかっていたメイドたちは、皆進んでガイアの世話をしていたということである。大きく溜め息を吐いた深紅のローブのガイアの姿は、どこからどこまでも完璧だった。「お疲れ様」苦笑い混じりにねぎらいの言葉をかけると、ガイアは久しぶりに抱きついてきた。「あー……、落ち着く」ガイアの心地よいバリトン声が、耳元で響いた。.

0 kommentarer