ドアを背中で閉めて大きく息を吐き

ドアを背中で閉めて大きく息を吐き出す。──彼のために何かをすることができない自分が、情けなかった。「ユリアス・アクスレイド、涙の跡ぐらいどうにかしろ」斜め上HKUE 傳銷らふってきたのは、サキカのそれより深く渋い声。サキカといる時だけは愛称で呼んでくれるその声の主を見た。「──…………え?」思わず間抜けな声を漏らし、口をぽっかりと開けてしまう。紅い髪に紅い瞳の、サキカの親友だというその男は、──ギルド“月の光”の隊員服を身に纏っていたのである。小さなギルドの隊員服ならば、ユリアスは知らなかっただろう。しかし、世界一のギルドとされている“月の光”のギルド服は、ユリアスでも知っていた。……その袖につけられた袖章の意味も。(一番隊隊長っ……!?)目を見開いて驚いて、しかし数秒後には納得した。この男なら有り得なくない。「さっさと行け。俺はあのお方と違ってお前に甘くはない。行かないならばこの場に放置しておく」(あのお方……?)それが一体誰を指しているのかわからない。しかし、さっさとこの場から消えた方がいいだろう。「い、行きますからっ」それだけを言い残し、ユリアスは早足でリリスの部屋へと向かった。 リリスの部屋がこの階にあることは、彼女自身の口から聞いて知っている。.

0 kommentarer

 風属性や水属性の魔法で倒そうとす

風属性や水属性の魔法で倒そうとすればどうなるのか。想像するのは簡単だ。風属性魔法を放てば、キングワームの吐く毒の息が辺り一帯に蔓延する。魔法が命中すれば、体液が飛び散り、周治療 脫髮に人がいれば身体が溶かされてしまうだろう。水属性魔法も同じような理由だ。あの体液が溶け込んだ水が人にでもかかれば、全身が溶ける。それならば、その被害を被らない距離から魔法を飛ばせば良いと思うかもしれないが、術者が魔法として飛ばした魔力をコントロールできる範囲──所謂射程距離とか間合いとかと呼ばれる範囲内──に踏みいろうとすると、その前に奴は毒の息を吐く。そしてそれを多量に吸い込めば、死にはしないが全身に激痛が走り、意識が飛んだりするわけだ。ならば火属性や雷属性はどうかというと、これらはもっとまずい。加熱をするとキングワームの体液はすぐに気化する。そして、奴の吐く毒の息以上に危険な気体となって、吸い込めば一瞬であの世行きだ。それを知らずに火属性魔法でも使う者がいたらどうしていたのかと学園長──ラウに問い詰めたくなったが、試練ならばどこかで監視しているだろう。危ない行動を起こそうとすれば、ペンダントの魔法が発動するに違いない。光属性と闇属性と土属性は、場合によってはキングワームの体液を飛び散らせてしまう。闇属性の本質たる消滅の魔法を使えば問題ないが、そこまで強い魔法が使える者はここにはいないだろう。「ってことは、補助系の束縛魔法を使うか、強い闇属性魔法で消滅させるか、土属性魔法で埋めるか、……ぐらいしか方法はないのか」先輩は思い切り顔をしかめた。.

0 kommentarer

 「次、誰がやる?」

「次、誰がやる?」リリスが訊ねた。レイトを除けば、残りはサキカ、ガイア、リリス、アンドリュー、ユリアスの五人。しかし、五人は自ら名乗り出て率先しようとするタイプではHKUE 傳銷真相い。だが、誰かが名乗り出なければ、時間が経つばかりだ。「……僕がやろう」顔を見合わせると、アンドリューが魔方陣の方へと踏み出した。――五大貴族のヴィルソン家。たしかあの一族は雷属性を得意としていたはずだ。アンドリューも雷属性の持ち主であると、学園で調べたときにわかっている。彼が得意属性を持っていないのであれば、魔方陣は雷を具現化するはずだ。アンドリューが持っている普通属性は、雷だけである。――アンドリューの魔力の色は、紫であった。魔力は大抵、持ち主の属性の色に近い色のはずである。アンドリューの属性は雷。つまり、アンドリューの魔力の色は黄色かそれに近いものかと思っていたのだが――(これは……)紫の魔力。――紫色を示す属性といえば、特別属性を除けば一つだけだ。(……紫雷)紫の雷、紫雷。それは、雷属性の進化属性――。属性を調べたとき、彼はまだ紫雷を使えていなかったはずだ。しかし、彼の魔力は紫ということは、紫雷属性の才能があるのかもしれない。得意属性が変わる、という例外的出来事が起こるのは、このような場合のみだ。もともと持っていた属性の進化属性・派属性が使えるようになり、そちらの才の方があったとき、得意属性の変化という稀な出来事が起こるのである。.

0 kommentarer

 その予想は的中し、第三魔法訓練用部屋

その予想は的中し、第三魔法訓練用部屋の前にたどりつくと、執事は静かに扉を開けて、サキカを中へと促した。「ありがとうございます」扉を開けてもらったことに対する礼をHKUE 傳銷 げて、中をちらりと見た。視界の範囲にユリアスたちはいない。――しかし、中へ踏み入ると、透明な何かを通り抜けた感触がして、一気に轟音がサキカを襲った。音がした方――右の方を見ると、槍を手にしたレイトが壁に叩きつけられていた。その前方数m先にいるのは、同じく槍を手にした一人の青髪の男性。そしてサキカは、驚きで硬直しかけてしまった。男の名は、 ホリム・レイトナール、ギルド“月の光”二番隊副隊長“青槍”であり、無論零番隊隊長のサキカとも面識がある。しかしながら、驚いたのはそこではない。ギルド所属者を呼ぶとユリアスが言っていたため、もしかしたらかなり上位の隊員も来るかもしれないと思っていたためだ。ならば、なぜ、サキカがこれほどまでに驚いたのか。それは――青髪、青い目、そして垂れ目のホリムは、なぜ今まで気がつかなかったのかと思うほどに、レイトにそっくりだったのだ。名字も思い返せば同じなのだ。出会って三月は経つレイトと、ギルドマスターのステラに拾われて零番隊隊長になってから数年の知り合いであるホリム。これほどまでにそっくりであるのに、本当になぜ今まで気が付かなかったのだろうか。「あ、サキカ!」ゆっくりと立ち上がったレイトは、サキカからの視線でサキカの存在に気がつき、元気よく手を振ってきた。「え、えっと……昨日ぶり?」驚きを隠すのに必死で、少しだけずれた受け答えをしてしまった。.

0 kommentarer

 「あれぇー? そのラッピングぅ、

「あれぇー? そのラッピングぅ、東の国のものじゃないですかぁ」扉の反対側に立っていた赤みがかった紫のクルクルとカールした髪が兵士の女性騎士──ウェンが、指に髪の毛を絡ま 頭髮稀疏  ながら教えてくれた。「東の国……? ってことは修学旅行のときの……?」さらに首を傾げると、あぁ、とオリーブが納得したように呟いた。「多分それ、さっきの殿方が旅行先で見つけてユリアス様にとお買いになったんじゃないかと」「えっ! サ、サキカ君が……?」ユリアスはそれをあらためて見た。素朴な柄の包装紙には、たしかに東の国の特有の模様が描かれている。──もし、オリーブの言うことがたしかで、サキカが自分のために買ってくれたのだとしたら。一気に顔が赤らんだ。「ははーん、ユリアス様、あの殿方のことがお好きなのですね」ニヤニヤと笑ったオリーブに小突かれ、我に返った。「ち、違っ……」焦って否定すれば否定するほど、肯定をしているのにも等しくなるのだとわかっていても、咄嗟に否定してしまう。「にしてもぉ、綺麗な殿方でしたねぇ~。きぃっと学園でもおモテになるお方なんでしょうねぇ……」ウェンのその言葉は、しばらくの間、こびりついたかのように頭から離れなかったのだった。.

0 kommentarer

Hej världen!

Välkommen till improveme.se. Det här är ditt första inlägg. Redigera eller ta bort det och börja blogga!

1 kommentar