非燃焼タバコ加熱式電子タバコ

東京の元知事である直樹弘樹さんは、最近、不燃タバコの加熱式タバコをTwitterで公に支持しており、これらの電子タバコ新製品が今後公共の環境への貢献を確かめるために日本で減税処理を受けることを期待しています。

同日、日本最大の通信社によると「読売新聞」レポート。タバコに応じて非燃焼タバコ加熱式電子タバコを扱うかどうかについて、東京都は最近、公衆からの意見を公表し、万能加熱式タバコが伝統として燃えていないという考えに反対する2000のベイプ初心者を受け入れた。 タバコが法的に制限されたフィードバックを与えた後、東京政府は2000人の市民の見解を無視することはできないとし、タバコを燃やさないといういわゆる加熱たばこの危険性が科学的に証明されていないため。

加熱式タバコの報告によると、有害成分の含有量は、加熱された紙巻きタバコの煙と比較して平均90%減少した。 したがって、健康に有害な懸念物質はほとんどありませんので、従来のたばこと比較することはできません。

日本の首都である東京では、10月に児童受動喫煙防止規則が制定され、2017年に制定された。東京オリンピックに対応するため、東京に隣接する千葉市では、受動喫煙防止規制を設けています。パッシブ禁煙グッズ電子タバコ規則は、北海道三好市のほか、市町村のすべてのレベルで実施されていますが、レストランや通関業者には適用されません。

パッシブな喫煙防止規則については、伝統的なタバコの健康被害に精通しているため、世論はより一般的です。 しかし、「熱と燃えていない」のような新しい種類のたばこが別々に扱われるべきかどうかの問題は、現在非常に論争中です。

1.万能加熱式タバコは健康に有害なタバコ製品を燃やさないか?2.受動喫煙には依然として害がありますか?

この点に関して、日本の横浜市立大学の共同研究者である石田氏は、「受動喫煙防止規則は、喫煙の自由を許しながら、非喫煙者の健康に対する喫煙の制限に基づいています。換言すれば、加熱されたタバコからの霧と蒸気が健康に同じ危険をもたらすならば、タバコと同じでなければならない。そうでなければ、万能加熱式タバコを加熱することは制限から除外されるべきである。

現在の音量は依然として大手タバコ電子タバコ通販サイトであるにもかかわらず、暖房で同じ危険性があるか否かにかかわらず、公衆衛生研究者および研究機関は、長期間前から不燃性製品を人間の健康に加熱する危険性を研究し始めている。 。

現在、不燃物を加熱して生成する物質を分析している論文の中で、スイスの研究者が不完全な代表電子タバコ新製品である加熱式電子タバコとの意見が主流であり、加熱式タバコはニコチン、ホルムアルデヒドおよび有毒アクロレインを生産しています。 それで、伝統的なタバコより約84%少ない。

しかし、伝統的なたばこと加熱たばこ不燃性のたばこを単に比較するだけで、ベイプ初心者の健康への影響を議論するのはまだ不完全です。禁煙グッズ 電子タバコの場合、たばこを完全に健康的なものと呼ぶことはできません。 喫煙をやめることができない、または喫煙をやめる準備ができていないベイプ初心者にとっては、加熱式電子タバコや燃焼などの電子タバコ新製品に切り替えることで喫煙のリスクが軽減されることは間違いありません。 ”

石田義彦は、発癌物質は実際にはどこにでも存在し、発ガン物質がない完全に健康な世界はないと考えているため、異なる物質に対する安全性障壁がしばしば必要とされています。

 

http://gameport.jp/user/12606/blog/16114/

https://meizi123.jimdo.com/

0 kommentarer

電子たばこによって生成された煙は水蒸気に似ており、清浄な空気と同じくらい安全です

メディアは、電子タバコのホルムアルデヒド含有量を攻撃する前に、「従来のタバコよりも害は、」電子タバコ最も一般的に使用される溶媒としては、ホルムアルデヒドを解放周りの人々の健康を危険にさらすおそらく高電圧発生の使用に、プロピレングリコールであると言いました!ベイプ初心者は、電子タバコを買うことを恐れているという噂を聞いています。

電子たばこの含有量は、伝統的なたばこの5〜15倍であるとさえ言われる人もいます。その後、恐ろしい見出し ”電子タバコのためのニコチンとホルムアルデヒド”を使用して報告してください!

電子タバコと伝統的な紙巻たばこによって放出されるホルムアルデヒドの量はどうですか?最近、電子タバコ、紙巻きタバコ、葉巻のホルムアルデヒド含量の比較試験を行った外国の科学者がいました。

・タバコ

電子タバコの爆煙アトマイザーがガラス瓶から使い果たされた後、次の試験はたばこであった。試験を開始する前に、ホルムアルデヒド試験機に表示された値は0.018であった。

電子タバコのテストを続けますホルムアルデヒドテスターをガラス瓶に入れます。それを置いた後、タバコ、定期的なタバコ、ガラスジャーの煙を吸う。それはまた5回連続して吐き出し、ガラスのタンクの煙はたばこで満たされます。ガラスジャーの煙が出ないように、紙を使ってシールしてください。 52秒後、フィルムを持ち上げてホルムアルデヒドテスターを取り出します。上記の値は2.767です。ホルムアルデヒド試験機は警報を発し、赤色を保った。

・電子たばこ

まず、電子タバコをテストすることです。試験が始まる前に、科学者はホルムアルデヒド試験機を作動させた。ホルムアルデヒド試験機に表示された値は0.011-0.013であった。これはその時の大気中の値です。

次にホルムアルデヒドテスターをガラス瓶に入れます。それを取り除いた後、それは電子たばこを喫煙し、ガラスジャーに煙を発する。それは小型の電子たばこではなく、高出力の電子タバコを使用する。

5回連続して唾を吐くと、ガラスのアトマイザー爆煙は電子たばこで満たされました。ガラスジャーの煙が出ないように、紙を使ってシールしてください。

1分18秒後、フィルムを持ち上げてホルムアルデヒドテスターを取り出します。上記の値は0.037です。

・シガー

紙巻たばこの煙がガラス瓶から使い果たされた後、葉巻が試験された。試験が始まる前に、ホルムアルデヒド試験機に表示された値は0.012であった。

電子タバコ小さいとたばこを続けて試験し、ホルムアルデヒドテスターをガラス瓶に入れてください。作業が終わったら、ガラス瓶で葉巻と煙を吹きましょう。

それはまた5回連続して吐き出し、葉巻の煙はガラス瓶に満たされます。

ガラスジャーの煙が出ないように、紙を使ってシールしてください。わずか29秒後にフィルムペーパーを持ち上げ、ホルムアルデヒドテスターを取り出します。上記の値は5.000です。ホルムアルデヒド試験機も警報を発し、赤色に変わった。

・まとめ

試験値によると、葉巻はホルムアルデヒド含有量が最も高く、次いでタバコが続き、電子タバコが最も低い。タバコのホルムアルデヒド含量は電子タバコ小型の74倍であり、葉巻のホルムアルデヒド含量は電子タバコのホルムアルデヒド含量の135倍です。電子タバコのホルムアルデヒド含量は、国内基準の範囲内で0.037です。国内標準は0.08mg / ml以下である。もう一度。

0 kommentarer

電子たばこアトマイザーの構造

電子アトマイザーは、いわゆる電子タバコであり、健康な電子タバコの元の名称である。最も早いのは2005年に中国で登場しました。新しい電子部品と食品の間。彼は、燃焼、タール、一酸化炭素、亜硝酸およびその他の有毒物質なしで、伝統的なタバコの最大の違いです。同時に、周囲の人々に非常に大きな影響を与える間接喫煙はありません。メインアトマイザーが輸出される前に、2007年の08年のヨーロッパの主要市場では、その後、世界に広がりましたが、近年では国内市場にのみあります。

電子アトマイザー建設されたは、多くのモデルやスタイルがありますが、一般的にバッテリー、アトマイザー、カートリッジ、その他のアクセサリ(充電器、ワイヤ、アトマイザーリングなど)の3つの部分で構成されています。

バッテリーの内部構造は、同じ基本コンポーネント、すなわちランプPCBAボード、充電式バッテリー、電子回路を使用します。

ほとんどの電子アトマイザーは、リチウムイオンおよび二次電池の電力成分を使用する。バッテリーの寿命は、バッテリーの種類、サイズ、プロセス、使用回数、および動作環境によって異なります。また、ソケット充電器、車載充電器、USBインタフェース充電器など、さまざまな種類の電子タバコ充電式バッテリーを選択できます。電池は電子ネブライザーの最大の部分です。

電子式ネブライザの中には、電子式気流センサを用いて発熱体を作動させるものがあり、吸引によって電池回路が動作する。また、手動によるセンシングでは、ボタンを押してから煙を出す必要があります。空気圧は比較的簡単に使用することができます。煙の量も空気圧よりも優れています。伝統的に、電子たばこは電子的に活性化されている。これは、マイクロホンの空気圧スイッチとそれに付随する回路に純粋な手を使用して、部品を加熱することを含む。

ユーザーはすぐにそれはハードウェアとソフトウェアの開発を、非常に信頼性がない見つけることができ、いくつかのメーカーは、電子タバコの製造の自動化機械を開発し、セキュリティと信頼性を達成するために、人工自身の配線、溶接または電子の使用に終止符を打つために始めました。これは一つの傾向ではありますが、中国が中国の電子タバコ製造を国際市場で低労働コストで行うことは不可能です。

爆煙アトマイザーの構造は、揮発性の油の隣にある煙、煙の形成、そのように人々が ”パフ”効果を達成するために煙るように、バッテリー駆動の加熱を通じて、加熱要素です。その品質は、主に木材、電線、技術に依存します。

一般的に、煙爆弾はノズル部分であり、一部の工場では、ネブライザーへの顧客のニーズに基づいて、一度のネブライザーを作るために爆弾を一緒に座らせる必要があります。この利点は、吸引ノズルは、それらの噴射がはるか又は少なすぎる液体煙溶液は、バック電池の口部に又は回路の腐食の問題につながる、煙油の堆積物を回避するために、液体注入設備の専門家によって、色を変更することができるということです煙爆弾の平均量よりも、密封性能が良いです。

深圳の電子タバコ工場のいくつかのブランド、柔らかいたばこホルダーにノズル、移動はまた、たばこのホルダーがあまりにも難しいと感じるためにタバコの煙を解決します。しかし、ディスポーザブルアトマイザーとソフトタバコホルダーの両方が、平均的なカートリッジよりもコストが高い。

0 kommentarer