Jennifer's Blog

「では、あの戦の最中、場外の林の中で何をしておった

「では、あの戦の最中、場外の林の中で何をしておった?」「………。」「手の者に調べさせたところ、あの折、攻城をしていた敵将は、攻め手を悉(ことごと)く何者かに潰されたらしい。」保濕精華評價………。」「その攻め手を潰した要因…。考えたが、ヌシ以外に怪しい者がおらぬ。何をしておった?」「………攻め手を潰しておりました。」「やはり…な。」満足げにそう言った兼定は、更に身を乗り出し質問を重ねる。「何故、敵の攻め手を看破出来た。」「………看破した訳では無く、脆(もろ)い部分を守るよう動いておりました。」Gがそう答えると、兼定は再び満足そうに微笑み、「では…その脆い部分を見定める、ヌシの視点から見て、今の一条家はどこが脆い?」眼に力を込めてGに質問してきた。(一条の脆い所?んな事、俺には分かんねぇよ。)そう考えるGは、無言のまま兼定に向かっているが、今度は兼定も話題を変える気は無いらしい。兼定も無言でGの返事を待ち、二人の間に静寂が流れた。

耳に入る情報が、予断を許さなくなってきた。

耳に入る情報が、予断を許さなくなってきた。そんな状勢を受け、各施設の警備も一層厳重になってきている。1559年、晩春。双嶼の居館にて、陳秀と顔を向け合うたっつんは、「億嘉國際評價う何時官軍が来ても、おかしくはない。とにかく、南蛮の船を少しでも配備出来るよう、手配してくれ。」緊迫し始めた状勢の中で戦力の向上に躍起(やっき)になっていた。この緊迫した状勢は、北から届いた情報が発端である。――― 舟山群島北部の倭寇が鎮圧される ―――王直の残党を率い、舟山群島の北部で暴れまわっていた毛烈と王一枝らが官軍に敗れたのである。噂では、王一枝は殺され、毛烈は行方不明となったらしい。そうなれば、目立つ海賊組織は、たっつん率いる海獅子一派しか残っていない。たっつんは、王直のもとにいた頃、多少の面識がある二人の為に冥福を祈るとともに、海獅子一派の戦備強化を急いだのである。幸いポルトガル相手の密貿易は、一回あたりの利益も膨大であるため、資金に困るという事は無さそうだが、官軍を相手に3万程度の兵ではどれほど強化しても安心という事が無い。

しかし、陳秀が言うには、「ですが、我らも、

しかし、陳秀が言うには、「ですが、我らも、万を越す勢力となりました。恐らく、北部が落ち着けば、官兵は大挙して、この双嶼を襲ってくるでしょう。」という事であった。痛みに耐えなが新界豪宅、その話を聞いていたたっつんは、(毛烈に王一枝か…。懐かしいな…。早急に軍備を整えないと…。そのためにも密貿易か何かで経済的な基盤を作らないと…。)これからのことに思いを馳せていた。すると、そんなたっつんの考えを読んだのか、口を開いた陳秀が、「実は、南方より、異国の貿易商を連れてきております。ここの交易所も立ち直ってきたようですので、密貿易を始められては如何でしょうか。」と言ってきた。数日後。動けるようになったたっつんは、陳秀が連れてきたポルトガル人に会った。以前に許兄弟の拠点で初代海獅子の手足として働いていた陳秀はポルトガル語も話せるようで、通訳をおこなってくれた。そんな陳秀の取り成しで、ポルトガルとの貿易を始める事になったたっつんは、双嶼の防衛力強化に力を注いでいくのであった。

「では、あの戦の最中、場外の林の中で何をしておった

「では、あの戦の最中、場外の林の中で何をしておった?」「………。」「手の者に調べさせたところ、あの折、攻城をしていた敵将は、攻め手を悉(ことごと)く何者かに潰されたらしい。」專櫃精華液推薦………。」「その攻め手を潰した要因…。考えたが、ヌシ以外に怪しい者がおらぬ。何をしておった?」「………攻め手を潰しておりました。」「やはり…な。」満足げにそう言った兼定は、更に身を乗り出し質問を重ねる。「何故、敵の攻め手を看破出来た。」「………看破した訳では無く、脆(もろ)い部分を守るよう動いておりました。」Gがそう答えると、兼定は再び満足そうに微笑み、「では…その脆い部分を見定める、ヌシの視点から見て、今の一条家はどこが脆い?」眼に力を込めてGに質問してきた。(一条の脆い所?んな事、俺には分かんねぇよ。)そう考えるGは、無言のまま兼定に向かっているが、今度は兼定も話題を変える気は無いらしい。兼定も無言でGの返事を待ち、二人の間に静寂が流れた。

出来る限り客観的に、己を見つめた隆行は、(

出来る限り客観的に、己を見つめた隆行は、(はっ!)一つの答えに辿りついた。(やっぱり、道雪は、俺を試しに来たんだ!大略を打ち立てる時の不安要素を無くすため、宗珊亡き後の一条家億嘉國際盟友として相応しいかを見定めに来たんだ!)そう気付いた瞬間、隆行は、両肩に特大の重りを載せられたような違和感を覚えた。(てことは…。俺の対応次第で…大友家の今度の大方針が…一条家との共闘路線では無くなるかもしれん…。そしたら、やばい時に援軍を出してもらえない…。一条家に脅威無しと判断されれば…使い捨てる方向で考えられるかもしれん…。)隆行は、そう思いいたると、顔面から汗が噴出し始めた。未だかつて経験した事が無いほどの、責任の重さである。目の前にいる立花道雪は、大友家の筆頭家老であり、大友家という大船の舵の多くを握っている。今、この時の隆行の対応一つに、一条家に生きる全ての者の今後が懸かっていると言っても過言では無いのである。硬直してしまった隆行の顔面から噴出し続ける汗は、そのまま顎へと伝っていくと、ポツポツと床へ流れて行く。しばらく、そんな隆行を無言のまま眺めていた道雪は、「用という程の事ではございませぬ。宗珊殿への焼香を兼ね、年賀の挨拶に訪れたまでにございます。」冷たい声音でそう言い放つと、退出しようとしたのか、ふと廊下の方を向いた。

そして、陳秀のもとへ歩いて行ったたっつんは、

そして、陳秀のもとへ歩いて行ったたっつんは、「ご苦労。いつもながら、鮮やか過ぎる程の手並みだ。」陳秀の肩に手を置いた。「勿体無きお言葉です。」謙遜した陳秀は、吐露港樓盤村の衆の船も無事、後ろについてきております。」と言った後、少し間を置き、「はじめは多数の小船でしたが、どこで乗り換えたのか…途中から三隻の大船に分乗したようです。」たっつんに、村の衆が無事である事を報告した。「三隻もいるのか…。」たっつんは、陳秀の言葉に返事を返すと、見えない後方に目を凝らした。しかし、やはり何も見えない。「頭目。この闇夜です。いくら眼を凝らしたところで…。」陳秀がそう声をかけていると、厚い雲に隙間が出来たらしく、一筋の月光が辺りを照らした。その光で浮かび上がる後方の船団は、たしかに陳秀の言ったとおり、大きな船が三隻後ろについてきていた。「まことに三隻じゃな…。」視認した船影にたっつんが、そう声を漏らすと、隣にいた陳秀が、その三隻に眼をやって絶句した。


Page 1 of 41234