risoulaser laser

青いレーザーポインターは、実際にはオブジェクトを燃やすための理想的なツールです。レーザービームの焦点長を調整することで、強力なレーザーがマッチ、紙、またはライターのような他の可燃性の物体に点火できますが、燃焼レーザーを使用すると、回転せずに特定の距離を照らすことができます。

ブルーレーザーポインターについて

人体への高出力レーザーポインターの害を批判する無数の報告があります。私は、燃える可能性のあるものはすべて同じレベルの危険にさらされていると主張します。通常のライターやナイフも人体に有害ですが、これは人々がそれらを使用してはならないという意味ではありません。これらのツール、強力な電動ツールはより大きな危険をもたらします、そして正しいアプローチは燃焼ツールを使用する前に最も重要なことです。

実際、レーザーが人体(特に目)に照射または反射されると、3または4レーザーポインターは非常に危険です。
パワーが高いほど、損傷の原因となる露出時間が短くなります。炎のようなレーザー光線を避けることで、安心できます。明るいレーザーを長時間見つめる必要がある限り、プロのレーザーゴーグルで目を安全に保つことができます。

クラス4レーザーポインターは、燃焼ツールとしての使用に非常に適しています。緑または赤のレーザーポインターと比較すると、青のレーザービームは暗くなりますが、より強力で、物体を燃やすことができます。

世界最強レーザーポインター

レーザーポインターを安全に使用する

レーザーと可燃性製品が直接接触しないようにしてください。高出力レーザーはより危険です。

レーザー彫刻機の経年劣化の加速を避けるために、35℃または0℃未満の周囲温度でレーザーポインターを操作しないでください。レーザーポインターの連続稼働時間は、経年劣化を防ぐため、冬は2分、夏は1分を超えないようにしてください。長期間使用しない場合は、必ずバッテリーを取り外してください。レーザーポインターを防湿・静電気防止の場所に置きます。

レーザーポインターを使用する場合、レーザーの安全性は非常に重要です。目やその他の傷つきやすい部分に向けないでください。また、レーザーが目に入るのを防いでください。

0 kommentarer

Lämna ett svar

Din e-postadress kommer inte publiceras. Obligatoriska fält är märkta *

wordpress hemsida wordpress hemsida