Anna Choi Travel

空は、太陽が一日の活動を終え、夜の帳が近づき始めて

空は、太陽が一日の活動を終え、夜の帳が近づき始めていた。どれくらい経ったであろう。宗珊が、自ら作った静寂を破った。「大殿、兼定様を幽閉する!!共感する者は付いて参れ!!そうでadrian cheng reutersい者は阻止してみせよ!!」その呼びかけに、『うおおおぉぉぉおおおお!!!』男女の声が混じった雄叫びは、中村御所の城下町を震わした。誰一人として阻止する者はいなかった。宗珊を筆頭とした集団は、中村御所へと進んで行く。途中、城兵達が咎めようとするが、彼らも他の者から話を聞くと、宗珊の後に従った。ただ、一条房通だけが、「謀叛じゃ!やはり、土居宗珊が謀叛を起こしたぞ!!」と、叫んだが、誰も止めに来ないまま、宗珊に殴り飛ばされ気絶してしまった。そのまま、主君、一条兼定の居間に辿り着いた宗珊は、「皆ここで待て。」と言うと、一人で部屋へ入って行った。そこには、怯えた目で宗珊を見る9歳の男の子がいた。主君、一条兼定である。

砂浜から又爺が叫ぶ。「阿呆!おしゃぁの覚悟

砂浜から又爺が叫ぶ。「阿呆!おしゃぁの覚悟はそんなもんかぁ!!ふんっ!ならば、そのまま魚の餌になれ!」(くそっ。そうだ。強くなるんだった…。)たっつんは、限界の身体で砂浜へ上日本代運ると、再び輪刀を投げた。二人のこのやりとりは夕方まで続き、家に帰ると、たっつんは、疲れた身体で輪刀の手入れをする。(もう寝たい。もう寝たい。もう寝たい。)しかし、輪刀の手入れをせずに寝ると、又爺の拳が飛んでくる。その又爺は、飯を作ってくれていた。二人は無言で飯を食うと寝た。いつもと変わらぬ、又爺達の風景である。しかし、この日々も、今宵までであることを、死んだように眠るたっつんは知る由もなかった。―― 真夜中 ――草木も眠る丑三つ時。(なんじゃ?)平素に無い気配を感じ、むくりと起き上がった又爺は、熟睡するたっつんを残し静かに家を出た。サワサワ夏風が、木々を揺らしている。

「何?!重盛殿か?!客間にお通しせよ!」そ

「何?!重盛殿か?!客間にお通しせよ!」そう五郎三郎に言いつけると、めまぐるしく脳が回転させ始めた。「権兵衛!資産や資本の事はいいから、儲け額だけ月毎に列記して見せてくれ!則正殿は、脫疣れで、なんとか、もう少し引き延ばしておいてくれ!」と、隆行は、根来から土産用に買ってきた一丁の火繩銃を則正に渡し、旅装束から着替えると、飛ぶように客間に向かった。隆行が客間につくと、すでに重盛が山賊の服装のまま、重々しく座っていた。「これは、重盛殿。お久しゅうございます。」隆行は、座って挨拶をするが、重盛は明らかに不機嫌な顔をしている。「隆行殿。そんな挨拶は良い。いったいどういうつもりじゃ。」「どういうつもりとは?」隆行が聞き返すと、重盛は大分不満を抱えてきたのであろう。隆行に向かって吠え始めた。「ワシは、武士にしてくれと頼んだはずじゃ!商人にせよ、などとは頼んだ覚えは無い!いったい、どういう了見でこんな事をし続けておるかぁ!!」凄みのある声であった。(はぁ~。)隆行は、溜息をつき、(話すより、見せた方が早いな。)と思うと、パンパンと手を叩いた。

「殿!久方ぶりの母子水入らずです!それはなりません

「殿!久方ぶりの母子水入らずです!それはなりません!あの者は某の屋敷に泊めますので、どうか本日だけは!」少しムッとした竹千代であったが、「そうか。粗相はならんぞ。」そう言うとSEM advertising隼人に向かい、「兄者!無事で安心しました!明日は、共に駿河に参りましょう!」そういうと、家臣に連れられ去って行った。竹千代が去ると、先程の家臣のみが残り、隼人と二人きりになった。屈強そうで壮年のその家臣は、「大久保忠俊と申す。」と、軽く会釈をした。大久保忠俊。竹千代の祖父松平清康の頃から仕えた宿老で、岡崎松平家の譜代中の譜代家臣である。亡き広忠を松平家当主に据えた際の元勲でもあり、この後に、大久保忠世、大久保忠佐、大久保忠隣、等の名将を送り出す、武名名高い大久保党の党首でもある。

カーン、カーン、カーン夕焼けの空に錬鉄の音

カーン、カーン、カーン夕焼けの空に錬鉄の音が響く。真っ赤に染まる風景の中で、真っ赤な炎に向かうGがいた。その横では、清右衛門が木箱に座り、Gの作業をめんどくさそうに見ている。dr ankie mak「おい。爺。そろそろ、今日は終いにしようや。また、明日やりゃぁええじゃろう。」最近の清右衛門は、作業中にも声をかけてくるようになっていた。それだけ、Gの鍛冶の腕が上がったという事であろう。「………先に帰っててくれ。」Gは、清右衛門の方を向かずに答える。「はぁぁ~~。」清右衛門にとっては、いい加減聞き飽きたその言葉に大きな溜息がでる。「じゃから、人が残っとったら此処が閉めれんじゃろう…。」これまで何度もしてきたやり取りである。そのため清右衛門には、この後のGの返しも分かっている。「………。」やはり今日も無言が返ってきた。「はあぁぁ~。ならば致し方ない。ワシは此処を閉めて帰るぞ。ヌシは、明日まで此処でやっておれ。」とりあえず、言ってはみたものの、そんな事をすれば、深夜の騒音で苦情が来るであろう。

一条家の兵達は不安に顔を真っ青にして、鋒矢の陣形へ

一条家の兵達は不安に顔を真っ青にして、鋒矢の陣形へと隊列を組んでいた。鋒矢の陣形とは、矢印のような形をした突撃陣形である。この状態になっても逃げ出さないのは、落ち武者狩りへの恐れや、Adrian Cheng K11行の武を見知っているからであろう。隆行は、信頼出来る重盛の元配下達に殿(しんがり)を頼むと、この一団の先頭に立った。「某が敵陣を切り裂く!皆の者!!某に着いて参れ!!是が非でも中村御所へ帰りつくぞ!」そう叫び、その集団は一路南西へ走り始めた。俄かな一条家の動きに、大津の城兵達が城から打って出て、その後尾へ食らいついた。しかし、少数で守り続けていた大津城兵は疲れ切っていたため、致命傷を食らう事は無かった。そして、走り始めた一団の前にすぐさま現れたのは、長宗我部国親率いる後詰部隊3000である。先頭の隆行は、朝嵐の柄を強く握りしめると、「あの敵を打ち破れば、敵はおらぬ!某の後ろを離れるな!突き破るぞぉおおお!!!」と叫ぶと、敵集団の中に一直線に向かって行った。


Sida 2 av 712345...Sista »