Anna Choi Travel

兼定は敵兵の刃をかわしながら、「生きて一条

兼定は敵兵の刃をかわしながら、「生きて一条を担ぎ続けると言うたでは無いかぁあ!そうさぁああん!!一条家の民はヌシについてきておるのじゃぞぉお!!」叫び続けながら、グイグイ敵中を進んで法式豪宅く。「義父上ぇぇええ!!」隆行も、そんな兼定を守りながら、必死に敵中を貫いていった。しかし、そんな隆行達の耳には、「土居宗珊、討ち取ったりぃぃい!!」失意に突き落とされるような声が聞こえてきた。「虚言じゃぁ!義父上は、そない簡単に死ぬ男ではない!!」隆行は、希望を込め、そう吠えて兵を叱咤しながら、敵中を深くえぐっていった。そして、二の手、三の手と、打つ手を次々と土居親子に封じられた長宗我部の軍勢は、この両面からの攻撃に徐々に力を失っていった。本山家が城の東側に駆けつけた事で、多少勢いを取り戻したが、それで、ようやく拮抗した程である。その頃になり、ようやく、宗珊の突撃した激戦区に到着した隆行は、「義父上ぇえ!!義父上ぇええええ!!」必死に土居宗珊の姿を探した。しかし、そこにあったのは、多数の一条家の死体に守られるように倒れている、見慣れた具足を纏った土居宗珊の胴体だけであった。

その理由は、今も、「だぁ。だぁ。」

その理由は、今も、「だぁ。だぁ。」と声を出す元気が、言葉を話し始めたからである。始めての言葉は「おっかぁ。」と、菊を呼ぶ言葉であったが、次に呼ばれる者の座を巡って、清右衛門が半山豪宅たらと張り切っていたからである。清右衛門は、初孫の元気を溺愛し、毎日のように、「今日は元気に何を持って行ってやろうか…。」と、仕事帰りに口ずさむ程であった。そして、Gに対しては、「ワシの方が早ぅ呼ばれたら、爺も形無しじゃのぅ。」などと言っていたのである。(なんか…ムカツク…。そうはさせん…。)Gは、表向きは無関心を装いながらも、清右衛門の小さな野心に対抗意識を燃やしていた。そんな水面下の戦いを知らない元気は、「だぁ。だぁ。」この日も、庭の各所を指さしては、無邪気にキャッキャと笑っていた。

隆行がここまで言うと、ちらほらと、「なるほ

隆行がここまで言うと、ちらほらと、「なるほど、大友家の力を借りて、背後の勢力を牽制(けんせい)する訳か…。」「大友家であれば、当家とも遺恨は無い…。」という呟(つぶや)きが起台灣集運邊間好り始めた。隆行の言葉は続く。「この方策がうまくゆけば、二年後には、西園寺や宇都宮が治める伊予。そして、長宗我部が暴れている土佐中部。双方に同時に出兵する事も可能でしょう。」この隆行の言葉に、評定は一気に過熱した。「そのような夢のような事が可能なのか!」「そないなもん、絵に描いた餅じゃ!富めと言うて簡単に富むのなら百姓は御役御免じゃ!」「そうじゃ!大体、何故、安芸家が長宗我部と争うんじゃ!!」都合の良すぎる隆行の言葉に、轟々(ごうごう)と非難が湧き上がる。しかし、そんな中、一人だけ大きな笑い声をあげる者がいた。「はっはっはっは!はーっはっはっは!」

「そのまま行っててくれ!」軍勢に声をかけて

「そのまま行っててくれ!」軍勢に声をかけて、馬を下りた景虎は、ドスッ隼人の腹に、思い切り拳を打ちつけた。「ぐはっ!」バッチリ目を覚まし、飛び起きた隼人は槍を掴Content Marketingと、「誰だ!」と真剣な表情で景虎の方を向いた。「ぶっはっはっはっは!」その表情を見て、さらに景虎が大声で笑い始めた。「何だ。景虎か…。」目の前で大笑いしている景虎に、槍を持つ力を緩めた隼人がそう言うと、「ヌシのような阿呆と会うのは初めてじゃ!はっはっはっは!」隼人の肩をバンバン叩いて大笑いしている。そんな景虎に、苦笑いを返す隼人は、多少の腹立ちを覚えているが、それ以上に、(こいつも相当ストレス抱えてるだろうな。あの重臣達の態度、その中でうまくやってかんといけないんだからな。)この時くらいは、好きなだけ笑わせてやろうと、少し心を広くしていた。

義鎮がじっと菊を見つめて考えていた事とは、菊を連れ

義鎮がじっと菊を見つめて考えていた事とは、菊を連れて行った時の、この道雪への言い訳だったのであろう。家臣達の見ている前で、盲人の連れを連れて行こうものなら、後で道雪に何をされるか分かったもの法國集運は無い。義鎮は、馬を降り、懐から銭をいくらか出すと、「盲人との生活は大変じゃろう。これで、もっと良いモンを着るが良い。」と菊に渡すと、馬に乗って、さっさと去って行った。(助かった。)と思ったGが、輿に座る道雪に深々と頭を下げると、「常の者に出来る事が出来ぬと、出来ぬ事が出来るようになるもんじゃ。負けるでないぞ。」とサングラスをかけているGに優しく声をかけた。(あぁ。この人あっての、この繁栄か。)妙に納得した気分になったGは、再び頭を下げると、軍勢が去るまで、その場で見送った。道雪に助けられたGは、(再びあの領主が戻って来る前に…。)と、菊と二人で出航間近の船に駆け乗った。Gの気持ちを察したかのように、二人を乗せるとすぐに走りだした船は、臼杵湾を出て三崎灘を越えて行く。船上で、「あの方達、爺様の事を盲人だと思われていたようですね。」と、語りかける菊は、凝視される緊張感から開放されて、いつも通りの笑顔をGに向けている。

屋敷に戻り、部屋に行くと、旅装の芝辻清右衛門が立ち

屋敷に戻り、部屋に行くと、旅装の芝辻清右衛門が立ち上がって挨拶をした。「これは。これは。隆行様。お久しぶりにございます。」と、頭を下げた清右衛門は言葉使いが変わっていた。「こwhere is k11 musea adrian chengらこそ。ご無沙汰しております。」隆行も、丁寧に頭を下げた。そして、二人は、上座を譲り合うと、上座を作らないよう斜に座った。以前よりも神妙に隆行に接する清右衛門は、「隆行様が、まさか武士として侍大将となっておられたとは。先日の無礼な振る舞い、大変失礼致しました。」と頭を下げた。清右衛門は、鍛冶師として偉人であっても、所詮、職人である。武士に対して、失礼な対応をする事は出来ない。そういうところが、この対応に表れているのであろう。「いえいえ、大変良く遇して頂いきました。」と言う隆行に、「いやはや。しかし、その若さで城下の評判も良い。来る途中、武勇も数々うかがいました。全くたいしたもんです。」と言葉を重ねた。


Sida 1 av 712345...Sista »