Anna Choi Travel

「……神隠し?」訝しげな声が、部屋に響いた

「……神隠し?」訝しげな声が、部屋に響いた。それ程大きくはなく、けれど大量の機械の割には狭さは感じない部屋。シンプルだがスタイリッシュで品の良い椅子に座るこの部屋の持ち主は、足を物理治療師み直してから頷き、隣のキーボードを叩いた。今まで何もなかった空間に四角い光が浮かび上がり、グラフや数値がずらずらと表示されていく。「前から傾向はあったのだけど…最近、活発なの。大半はいつの間にか戻って来て、何事もなかったかのように生活を再開するらしいけれど……中には、酷い怪我を負っていたり、精神を病んで戻ってくることもあるみたい」説明する口調は淀みなく、少し低めの声は大人の色気を感じさせる。タイトなスーツに身を包んだ女性は、知的な相貌を会話相手へと向けた。「どうする?」口にされたのは、問い。問い掛けられた者は、ほんの刹那、わからない程度に短い時間思考したようで、返答には微かに間が開いた。「お前でも原因がわからないってことは、人間の仕業じゃないか」そして返ってきた答えは答えではなく、問い掛け。女性はそれに肩を竦めてみせた。「私は完璧じゃないわ。……でも、そうね。マフィアや裏の実力者なんかが関わっているなら、もう少し何かわかってもいいかもしれないわね」言葉とは裏腹に、女性の声には自信が垣間見れる。直訳するなら、「私の情報網に引っ掛からないのなら、人間の可能性は低い」、だろうか。そんな女性の回答に、声は更に問いを重ねる。「神隠しに遭ってるのは?」「大体はウルフとか、鳳凰だとか数の多い種族。でも、時には妖精や龍などの稀少種、神獣が消えることさえもあるわ」「人型は?何か話は聞けないのか」「それが、覚えてないそうなの。その原因も不明」これもわからない、あれもわからない。結局殆ど何もわからないことを確認しただけとなってしまった応答に、女性の会話相手は天を仰いだ。「仕方ない、探ってみるか」そう言ってゆっくりと、しかし無駄のない動作で立ち上がる。そのままとん、と、無造作に地を蹴って、何もない虚空に「浮いた」。女性は驚くこともなく、それを見やる。黒いロングコートを翻しふわりと浮いたのは、男だった。大人というよりは、まだ青年、もしくは少年とさえ思える、若い体付き。ゆるく弧を描く唇は赤く、何処か愉しげに見える。しかし、まともに確認できるのはその口元のみである。

まだ闇属性を使えるもう一人の可能性もあるが、そっち

まだ闇属性を使えるもう一人の可能性もあるが、そっちは確か得意は水だったはず。エートが隠してる魔力は闇の気配が強い気がしたので、闇属性が得意な可能性が高い気がする。まあまだ二つ名持ち、って照腸鏡 うのも憶測に過ぎない。この辺は、俺が怪しまれるのを避けるためにもまだちょっと時間を掛けたいとこだ。でも今後こっそりエートがギルドへ行くのに気付いた場合は、遊んでもらおう。バレる可能性が高まるにしても、そんな楽しいイベントは無視出来ない。そんなことを考えながらエートの日課を一部始終眺め終え、エートが寮に戻ったのを契機に部屋に戻る。指を鳴らすまでもなくチカラを使って、転移魔法が使えない寮内へと一瞬で移動した。屋上に行くときは魔法陣を使ったので多少考えたが、ま、いいだろ。時間もあったので適当にコーヒーとトースト辺りで朝食を済まし、制服で教科書を持って部屋を出る。空に居た時に着ていた黒服に未練はあったが、今は仕方ない。もし特に事情もなく通ってるなら、普通にそのまま行ったかもしれないが。しかし、朝これだけ時間があると暇だな。明日からはもう少しゆっくり起きようか。エートのように鍛練、もありではあるが、一々「あちら」に戻るのも何だし、こっちでやって見られたりしても厄介だし。「お早う御座います、カレナ」「ああ、おはよ」魔方陣から出て広いエントランスを出口に向かって歩いていたら、後ろから声を掛けられる。気配も気付いていたので驚きもなく、自然に挨拶を返した。しかし、ツッコミ所が一つ。「癖なのか?」いきなりの問いに、エートが首を傾げる。深い海のように青いストレートの髪が、さらりと揺れた。見た目的には、水が得意もありだと思う。やっぱり無意識だったらしいことに、俺は肩を竦めた。「足音消すの」具体的に指摘すると、エートは驚いたように菫色の瞳を瞠る。それから気まずそうに、苦笑した。「ええ……済みません、驚かせましたか?」「ちょっと?」実際はまったく驚いていないが、とりあえずそう返しとく。ちなみに俺はちゃんと足音を鳴らしてる。消すのを体が覚えてしまうと、何気に難しいんだ、これ。

兼定は敵兵の刃をかわしながら、「生きて一条

兼定は敵兵の刃をかわしながら、「生きて一条を担ぎ続けると言うたでは無いかぁあ!そうさぁああん!!一条家の民はヌシについてきておるのじゃぞぉお!!」叫び続けながら、グイグイ敵中を進んで法式豪宅く。「義父上ぇぇええ!!」隆行も、そんな兼定を守りながら、必死に敵中を貫いていった。しかし、そんな隆行達の耳には、「土居宗珊、討ち取ったりぃぃい!!」失意に突き落とされるような声が聞こえてきた。「虚言じゃぁ!義父上は、そない簡単に死ぬ男ではない!!」隆行は、希望を込め、そう吠えて兵を叱咤しながら、敵中を深くえぐっていった。そして、二の手、三の手と、打つ手を次々と土居親子に封じられた長宗我部の軍勢は、この両面からの攻撃に徐々に力を失っていった。本山家が城の東側に駆けつけた事で、多少勢いを取り戻したが、それで、ようやく拮抗した程である。その頃になり、ようやく、宗珊の突撃した激戦区に到着した隆行は、「義父上ぇえ!!義父上ぇええええ!!」必死に土居宗珊の姿を探した。しかし、そこにあったのは、多数の一条家の死体に守られるように倒れている、見慣れた具足を纏った土居宗珊の胴体だけであった。

その理由は、今も、「だぁ。だぁ。」

その理由は、今も、「だぁ。だぁ。」と声を出す元気が、言葉を話し始めたからである。始めての言葉は「おっかぁ。」と、菊を呼ぶ言葉であったが、次に呼ばれる者の座を巡って、清右衛門が半山豪宅たらと張り切っていたからである。清右衛門は、初孫の元気を溺愛し、毎日のように、「今日は元気に何を持って行ってやろうか…。」と、仕事帰りに口ずさむ程であった。そして、Gに対しては、「ワシの方が早ぅ呼ばれたら、爺も形無しじゃのぅ。」などと言っていたのである。(なんか…ムカツク…。そうはさせん…。)Gは、表向きは無関心を装いながらも、清右衛門の小さな野心に対抗意識を燃やしていた。そんな水面下の戦いを知らない元気は、「だぁ。だぁ。」この日も、庭の各所を指さしては、無邪気にキャッキャと笑っていた。

隆行がここまで言うと、ちらほらと、「なるほ

隆行がここまで言うと、ちらほらと、「なるほど、大友家の力を借りて、背後の勢力を牽制(けんせい)する訳か…。」「大友家であれば、当家とも遺恨は無い…。」という呟(つぶや)きが起台灣集運邊間好り始めた。隆行の言葉は続く。「この方策がうまくゆけば、二年後には、西園寺や宇都宮が治める伊予。そして、長宗我部が暴れている土佐中部。双方に同時に出兵する事も可能でしょう。」この隆行の言葉に、評定は一気に過熱した。「そのような夢のような事が可能なのか!」「そないなもん、絵に描いた餅じゃ!富めと言うて簡単に富むのなら百姓は御役御免じゃ!」「そうじゃ!大体、何故、安芸家が長宗我部と争うんじゃ!!」都合の良すぎる隆行の言葉に、轟々(ごうごう)と非難が湧き上がる。しかし、そんな中、一人だけ大きな笑い声をあげる者がいた。「はっはっはっは!はーっはっはっは!」

「そのまま行っててくれ!」軍勢に声をかけて

「そのまま行っててくれ!」軍勢に声をかけて、馬を下りた景虎は、ドスッ隼人の腹に、思い切り拳を打ちつけた。「ぐはっ!」バッチリ目を覚まし、飛び起きた隼人は槍を掴Content Marketingと、「誰だ!」と真剣な表情で景虎の方を向いた。「ぶっはっはっはっは!」その表情を見て、さらに景虎が大声で笑い始めた。「何だ。景虎か…。」目の前で大笑いしている景虎に、槍を持つ力を緩めた隼人がそう言うと、「ヌシのような阿呆と会うのは初めてじゃ!はっはっはっは!」隼人の肩をバンバン叩いて大笑いしている。そんな景虎に、苦笑いを返す隼人は、多少の腹立ちを覚えているが、それ以上に、(こいつも相当ストレス抱えてるだろうな。あの重臣達の態度、その中でうまくやってかんといけないんだからな。)この時くらいは、好きなだけ笑わせてやろうと、少し心を広くしていた。


Sida 1 av 812345...Sista »